データベースのバックアップに使ったコマンド。

% sudo sh -c 'mysqldump --lock-all-tables --master-data=2 --no-data --allow-keywords --flush-logs --no-autocommit --all-databases >/usr/tmp/definition.sql'
% sudo sh -c 'mysqldump --lock-all-tables --master-data=2 --no-create-info --no-create-db --allow-keywords --flush-logs --no-autocommit --all-databases >/usr/tmp/data.sql'

ログをフラッシュしてるので復旧するときは日付とかを見ながら指定してやる感じ。

% sudo sh -c 'mysql --force < /home/yousan/tmp/mysql_100609_maslog_14/definition.sql'
%  sudo sh -c 'mysql --force <  /home/yousan/tmp/mysql_100609_maslog_14/definition.sql'

復旧の最にはmysqlのCUIからでも可能。またこの時、binlogを抑制することが可能

my.cnfの “log-bin=mysql-bin” などの “log-bin”の項目をコメントアウトすることによっても可能。

mysql> SET sql_log_bin=OFF;
mysql> SOURCE ‘dump.sql’

データベースのバックアップに使ったコマンド。 | L2TP

コメントを残す