tracの導入に当たっての注意点他

FreeBSD7.3-R, 32bit版にtrac-0.12を入れてみた。

長らく使用してたtrac-0.11はマルチリポジトリに対応して無くて、対応するぞーって言ってた0.12を待ってた。ちょくちょくインストールしたりしてたけど、これまでうまくいかなかった。なんとなく動くようになったぽいのでメモ。

FreeBSD7.3-R i386
apache-2.2.16
py26-sqlite3-2.6.5_1
sqlite3-3.6.23.1_1
trac-0.12

fast cgiモード?で動かす
マルチリポジトリ
全部のリポジトリで共通の認証。リポジトリごとに分けたりもできるぞたぶん。

まずリポジトリのおいてあるサーバとtracを稼働させようとしているサーバが違うのでそこをなんとかする。tracは必ずtracを動かしたローカルにリポジトリがないと駄目らしい。

nfsで見れるようにしようかと思ったけど、うちのnfsってだいたいrw出しちゃうから、一方的に読み取りのみの参照&ネットワークの負荷もかけないってことからrsyncしてみる。良いか悪いかわかんないけど。

crontabに下記を追加。先だって一発コマンドを通しておくとknown_hostsがどうのこうのするはず。ディレクトリが無いとか怒られないためにも。

*/10    *       *       *       *       root    /usr/local/bin/rsync -arv -e "ssh -i /usr/home/hogetan/.ssh/id_dsa" [email protected]:/usr/local/repositories/ /usr/local/repositories/ > /dev/null 2>&1

各種必要なパッケージ?はportinstallで適当に入れる。

%sudo portinstall /usr/ports/www/mod_fcgid

公式を見ながら設定する。

まずはapacheのhttpd.conf

LoadModule fcgid_module libexec/apache22/mod_fcgid.so
<IfModule alias_module>
  ScriptAlias /trac "/usr/local/share/trac/cgi-bin/trac.fcgi"
</IfModule>
<IfModule mod_fcgid.c>
  AddHandler fcgid-script .fcgi
</IfModule>
<LocationMatch "/trac/login">
  AuthType Basic
  AuthName "Trac"
  AuthUserFile /var/trac/.htpasswd
  Require valid-user
</LocationMatch>

scriptaliasを書く位置に注意。あとは.htpasswdが読めないと後で怒られる。.htpassswdの作成とかconfの参考とかは公式
TRAC_ENVはtrac.fcgiに直接書く。なんか理由があったけど忘れた。公式のどこかに書いてあった気がする。

basic認証させるディレクトリの記述に注意。公式通りだと/trac/hogehoge/loginしか受け付けなかったりする。

%sudo ee /usr/local/share/trac.fcgi
import os
os.environ['TRAC_ENV'] = "/var/trac"
os.environ['PYTHON_EGG_CACHE'] = "/tmp"

ここの設定で、TRAC_ENVを書くとそこのディレクトリにあるconf/trac.iniを読もうとするみたい。ここをマルチリポジトリだから~、って、TRAC_ENV_PARENT_DIRを設定すると、そのディレクトリから一つしたのディレクトリをそれぞれの独立したtracのプロジェクトと認識してしまうっぽかった。

(/var/trac/hogeproject/conf/trac.ini, /var/trac/hoge2project/conf/trac.ini, …)と、どんどん参照しちゃうみたい。ここでちょっとはまった。というか以前こんなことやってたけど、それぞれのディレクティブをhttpd.confに書いたりしてた・・・。これを知ってれば、ってかんじ。

次にtracのなんとかディレクトリ?(tracディレクトリとでも呼ぶのかな)、TRAC_ENVで設定されたディレクトリを作成してやる、tracのフォーマットで。

%sudo trac-admin /var/trac initenv

これでできる。nfsだとエラー。ミスったら消して直せば良い。気にくわなければ消して直せば良い。

.htpasswdは個人的な好みで/var/trac直下に。作り方は割愛。このファイルが残っててもinitenvできない。うざい。

次にconf/trac.iniを編集。

Trac 0.12b1が出たね - watawata日記
[repositories]
hoge1.dir=/usr/local/repositories/hoge1
hoge2.dir=/usr/local/repositories/hoge2
hoge3.dir=/usr/local/repositories/hoge3

こんな感じで列挙。元サイトにはtypeとかdescriptionとかあったけど、desc書いたらごちゃごちゃしちゃったし、typeはデフォルトでsvnなので今回はdirのみ定義。下記のコード+適当に選び出すでおk。

%php -r '$h = opendir("/usr/local/repositories"); while($f = readdir($h)){ print basename($f).".dir = /usr/local/repositories/$f\n";}'

そろそろ見て確認してみる。対象サーバのURLにscriptaliasで名付けた/tracとか付ける。


パーミッションとかよく怒ってくるので適当に対処。pythonのエラーは見慣れないので困ったら泣く。結構同じエラーにはまってる人とか少なかったりして泣ける。

tracの管理者権限をそれっぽいユーザに付与。これするとtrac画面の一番右端の方にadminってのが出てきて管理ができるらしい。

%sudo trac-admin /var/trac permission list
%sudo trac-admin /var/trac permission add tracadminisry TRAC_ADMIN

ログインしてTracを使う - へたれプログラマな日々

このあと、adminの画面の一番左下の方にあるrepositriesをクリック。
リポジトリが複数あるかチェック

これだとまだ利用できない。同期?が必要らしい。でも何を同期するんだろう。他にはどんなタイミングで同期すれば良いんだろう。

%sudo trac-admin /var/trac repository resync '*'
%sudo trac-admin /var/trac changeset added '*'

リビジョンが多いと結構時間がかかる。
これが終わったらさっきの管理画面でリビジョンが出てたりする。そんでなんかうまくいけたっぽい。

ここから先はこれから試す。

以上

コメントを残す