nfs越しにでっかいファイルを作るとどうなるか on FreeBSD。

nfs越しにでっかいファイルを作るとどうなるか on FreeBSD。

サーバ側: 特にオプションなし。待ち受けが四つぐらいできてる。freebsd 7.1-R。i386。ディスクは500Gx2でハードウェアRAIDされてる。raid1。

クライアント側: 特にオプションなし。

nfsclient.l2tp.org%dd if=/dev/zero of=/usr/home/yousan/tmp/hoge bs=1M count=1000
1000+0 records in
1000+0 records out
1048576000 bytes transferred in 134.479734 secs (7797279 bytes/sec)
ざっと7MB/sぐらい。普通に運用中のディスクなのでこれが限界かも。シーケンシャルじゃなくてランダムファイルの時のファイル情報のキャッシュとかいじりたい、いややっぱいいや。シーケンシャルもうちょっと高くならないかな。

ディスクの生のアクセスが気になったのでサーバ上で同じコマンドを実行してみる。

nfsserver.l2tp.org%dd if=/dev/zero of=/usr/home/yousan/tmp/hoge bs=1M count=1000
1000+0 records in
1000+0 records out
1048576000 bytes transferred in 27.305885 secs (38401099 bytes/sec)

早い。40MB/s出てる。たぶん、だけど、250GBプラッタじゃないかな、だとすると一般的な実効速度よりちょっと低いぐらい、って感じだろうか。

コメントを残す