WordCamp Nagoya 2010

WordCamp Nagoyaにきている。なんとなくめもめも。

開会は10:00からだけど、早朝セッションとして9:00より、google analyticsの活用方法のセションがあった。
google analyticsにでてくるユニークセションのセションは、30分を一区切りにして統計を取られるらしい。 <- 30分に一つっていうのはどこかで決められてるのかな
離脱ページの滞在時間はゼロで計測される
ユニークユーザもわかる <- UUって取れないんだと思ってた。
時間ごとの統計が取れる <- 何時台が一番アクセスあるよ、とかとか。
接続地域がわかる <- japanってのをクリッククリック アドバンスドセグメントについて -> ブラウザごとの挙動がわかるよ!
-> UU取れないよ!
GreaceMonkey <- 通称グリモン -> ドメイン配下のページで構成を取れる
-> ページタイトル + URL っていうレポートが便利だね! <- なんかこれ専用のスクリプトが転がってるらしい

まずは一コマ目。二階にて。
大曲さんのwp3.0について。
カスタム投稿タイプ、カスタムタクソノミーについて。
カスタムタクソノミーについての具体例があったり。
なるほど、いままではどう使っていいのかわかんなかったけどこれをひとつの参考にしてみよう。

次の二コマ目、二階にて。
wordpressによる、マルチサイト構築事例
-CAS認証とマルチサイト作成機能、マイクロブログとの連携- by sakurai san

第一部
マイクロブログってtwitterに代表されるような、ちょっとしたことで個々人の情報を発信していくサービスのことらしい。初耳!
cas認証 – Central Authentication Sytem – 最近流行りのシングルサインオンシステムぽいもの。名市大のADのldapで認証かけるらしい。
WPをCAS認証にした理由は、wpのプラグインがすでに充実してて、認証系に関わるプラグインがすでにあり、そこに手を加える形で実装できた。
櫻井さんのプラグインによって、新規にCASからきたユーザに対して、通常はユーザ固有のブログに管理者権限があるが、既存のブログに対しても権限を付与できるようにしたぽい。

現状の問題点として、スケーラビリティ、1ユーザが1blogをつくると6テーブルぐらい増えるから、これがN人だとちょっとマズー <- 確かにマズー

第二部 マイクロブログとの連携について

twitterに代表されるソーシャルメディアの新潮流。そんなサービスを気楽にたてたい!そんなあなたにstatus.net!外部に公開されないプライベートなマイクロブログを手軽に構築可能。wpと連携。 -> アカウントの同期がとれない <- そういえばtwitterとwpの連携ってあるのかな、やっぱあるよねですよねー。
ストレージとしてのwp。ハッシュタグをカテゴリとかタグとしてつぶやいた内容をwpにまとめて保存していくような感覚。

三コマ目

hokoriさんによるtwenty tenのテーマについて。

テーマの最小構成はindex.phpとstyle.css。style.cssはフォーマットが’決まってたりするよ。

カテゴリとかって、適用される優先順位があるよ! <- スライド参照

このtwenty tenになってから、カスタムメニューがいじれたり、テンプレートパーツってよばれるテーマが適用される。結構フクザツ。

wp_enqueue_script <- jsを適宜読み込みしてくれる関数らしい。便利そう!

アイキャッチ画像を出す、投稿サムネイルっていう機能があるらしい。2.9ぐらいから実装されたそう。

twenty tenはloop.phpがキモらしい。こいつがループ関連の大元で、結構大変そう。

四コマ目

レンタルサーバ座談会

四人のパネリストの方々の座談会。VPSについての話が結構あった。やはり最近の流行に敏感なのかな~。

サーバに関する質問で、500円以下のサーバを利用しているユーザがかかりいた。最近のレンサバって安いんだな、っていう印象を強く受けた。

なんかサーバっていえば2000円~3000円のイメージがあるけどやっぱり最近は違うみたい。

hiphop phpのコンパイル済み環境を用意されてたりしたらうれしいのにな、ってこれは後で言ってみようかな。

五コマ目

プラグインフックの仕組みとカスタマイズ  by 水野さん

buddypressとsubscribe2

buddypressの運用実績等々。スローフードジャパンってのを作ってますとか。

subscribe2はメルマガプラグイン

-> ユーザ登録時、メルマガ登録を行うことができる。

-> 記事投稿->メール配信

buttypressとsubscribeを例にとってフック改造の例を説明。

-> buddypressを使うとそのままではsubscribe2のフックを飛ばして、独自の登録フォームを用意してしまう。

-> だったらデフォルトでregister_formっていう関数へどんなフックをしてるか調べて、それをbuddypressのやつでフックしよう!

プラグインを直接書き換えたりしたら、プラグインの更新タイミングで大変だよね。

ラスト Lightning Talk

一人目は百合子さん。昨日行われたword real campについての報告

[email protected]タマイズのススメ。

Front-end Editor。記事をクリックすれば編集できて楽ちんだよね。 <- 新規投稿はできないよ!

上にメニュー出してあげればユーザが操作しやすいよね。 <- 新規投稿できるよね!

編集ボタンは忘れずに <- 今つかってるやつでも付いてて便利。

三人目はカスタムフィールドテンプレートの中の人。

編集画面で編集の手助けをしてくれるような、ラジオボタンとかチェックボックスを簡単に追加できるような環境をプラグインで実現。

php.iniみたいなスタイルでテンプレートコンテンツを定義。

四人目の方。香川より来られているらしい。

wp_enqueue_scriptを使ってjsの読み込みを最適化しよう。cdnとかどうするのかな。

五人目はおでっせいさん。

wordpantsについての’紹介。 wordpantsってのは電子書籍をwordpressでつくるものらしいです。

結構デキがいいっぽい!っぽい!プロっぽい感じに仕上がってる。

六人目はwordbench名古屋のPMさん。wordbench名古屋についての説明。

七人目はめ組のmeganeさん。

膳テーマについての説明。twenty tenの子テーマ。

コメントを残す