CactiでDataQueriesとSNMPを使ってグラフを作る

①DataQueriesで使うXMLファイルを作成する。

サンプル。

<interface>
<name>Get Number of Processes</name>
<oid_index>.1.3.6.1.4.1.2021.2.1.1</oid_index>
<index_order_type>numeric</index_order_type>
<fields>
<prIndex>
<name>Index</name>
<method>walk</method>
<source>value</source>
<direction>input</direction>
<oid>.1.3.6.1.4.1.2021.2.1.1</oid>
</prIndex>
<prNames>
<name>Process Name</name>
<method>walk</method>
<source>value</source>
<direction>input</direction>
<oid>.1.3.6.1.4.1.2021.2.1.2</oid>
</prNames>
<prCount>
<name>Counts of Process</name>
<method>walk</method>
<source>value</source>
<direction>output</direction>
<oid>.1.3.6.1.4.1.2021.2.1.5</oid>
</prCount>
</fields>
</interface>

②DataTemplateとGraphTemplateを作成する。

http://www.l2tp.org/2016/2009/08/cactiscript.html
これの③と④を参考に作成する。その際DataTemplateのDataInputMethodはGetSNMPData(Indexed)を指定する。

③DataQueriesを作成する。


NameとDescriptionには名前と説明を入力する。
XMLPathに①で作成したXMLファイルのパスを指定する。
DataInputMethodはGetSNMPData(Indexed)を指定する。そしてCreate。
Createした後、Associated Graph Templatesに②で作成したGraphTemplateを指定する。そしてSave。

④作成したDataQueriesとDeviceを関連づける

メニューからDevice→関連づけを行うDeviceを選択する。
Associated Data Queriesに③で作成したDataQueriesを追加する。

⑤グラフを作成する

メニューのNew Graphsからホストを選択すると関連づけをしたDataQueriresとそのクエリから得られる項目一覧が表示されるので、グラフを作成する項目にチェックを入れてCreate。

コメントを残す