express5800でraidを使う

オンボードRAID機能
* BIOSの基本メニューには、RAIDの「有効/無効」選択は表示されない。切替は、ジャンパスイッチで行う。
o ユーザーズガイドにて、110Gdは159頁を、110Geは171頁を参照。
* ジャンパスイッチでRAIDを有効にすると、LSI社(旧LSI Logic社)のRAID用のBIOSメニューが表示される様になる。
o 以降の設定は、ユーザーズガイドにて、110Gdは160頁以降を、110Geは172頁以降を参照。
* ドライバは、LSI社(旧LSI Logic社)の物を使用する。Intel社の物は使用しない。
o Intel RAID は、BIOSが対応していない為、使用出来ない。
* OSインストール後のジャンパスイッチ変更、RAID用BIOS設定の変更は禁止。
o HDD内のデータが破壊される可能性有り。
* ソフトウェアRAIDである。(BIOSとドライバによると推測)
* ジャンパスイッチの設定を「RAID」にすると、基本BIOSの AHCI 設定は [Enabled] に固定される。
* 3台のHDDを、RAID構成2台+非RAID1台で使用する場合は、非RAID1台もRAID0として認識させる必要有り。
* LSI社のMegaRAID Strage Managerにて、Client側からPopUpソフトで障害監視や状態確認が可能。
* CentOS 4.6では、LSI社のRedHat用ドライバで、MegaSRとして認識可能。ドライバは、インストール時にFDよりddで読込み。
* CentOS 5.1では、LSI社のRedHat5.x用ドライバで、RAID1は認識するが、RAID0は認識せず。
* FreeBSD 7.0では、認識せず。
* トータルで2TBを超える容量のRAIDを構成する場合は、こちらの資料を参照。
http://wiki.nothing.sh/page/NEC%20Express5800%A1%BF110Gd/110Gx%20%A5%AA%A5%F3%A5%DC%A1%BC%A5%C9RAID%B5%A1%C7%BD%A1%BFAHCI%B5%A1%C7%BD
Express5800/110Gd(N8100-1279Y)
http://support.express.nec.co.jp/pcserver/list.php?products=117
Express5800/110Ge(N8100-1447Y)
http://support.express.nec.co.jp/pcserver/list.php?products=1586

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

  1. L2TP » freebsdにhddを追加する said on 2010年9月13日 at 15:58

    […] まず本体側の設定でRAID0を構築。 […]

トラックバック URL