CentOSでNISを利用する

クライアントの設定(NISサーバにもクライアントの設定は必要)
ypbindとyp-toolsがインストールされていなければ入れる(通常は入っている):
# yum install ypbind yp-tools
/etc/sysconfig/networkを編集し、起動時に自動的に設定されるようにする:
START_YPBIND=yes
NISDOMAIN=nis_domain
/etc/yp.confを編集し,
domain nis_domain server SERVERIP
domain nis_domain broadcast
補足: broadcastで聞いてくれるらしい
ここでSERVERIPには上でNISサーバのIPを入れる.
/etc/passwdに次の行を追加:
+::::::
ypbindを起動:
# /sbin/service ypbind start


http://tmcosmos.org/linux/centos/co4_server.html#NIS

コメントを残す