CentOS5.3でmysqlが立ち上がらない

エラーメッセージは起動スクリプトを実行したコンソールに

Manager of pid-file quit without updating fi

と出てくる。
ググったけどあまり良い結果は得られず。
そもそもこのメッセージ、起動スクリプトの/etc/rc.d/init.d/mysqlに入ってるもの。

# if manager isn’t running, then pid-file will never be updated
if test -n “$manager_pid”; then
if kill -0 “$manager_pid” 2>/dev/null; then
: # the manager still runs
else
# The manager may have exited between the last pid-file check and now. \
if test -n “$avoid_race_condition”; then
avoid_race_condition=””
continue # Check again.
fi
# there’s nothing that will affect the file.
log_failure_msg “Manager of pid-file quit without updating file.”
return 1 # not waiting any more.
fi
fi

なので環境依存とかでメッセージの内容が違うのかもしれない。だから見つからないのかな、と。
他の人ではユーザが違うのが原因だとか言ってたのでその線であたる。
mysqlがnologinになってたのでyp書き換えて無理やりログイン->mysqld_safeを手動で実行。するとちゃんと走ってる。
rootでmysqld_safeを実行、走ってる。
なんか様子が変だなぁと思い、ちょっと前に書き換えたmy.cnfをリポジトリから復元。
すると正常起動。
結局設定ファイルですか、って感じです。
hostname.errには何もエラーログが流れないので油断しました。
設定ファイルでひっかかったのは

max_allowed_packet = 1M
#max_allowed_packet = 1024M

の箇所。大きくしすぎるとだめなようです。
でも先に

innodb_buffer_pool_size = 2000M

を小さくしたのにこちらでは改善されず。
おそらく、max_allowed_packetの値*max_connectionsでメモリを確保しようとしてswapしまくりんぐ、swap足りねーってなって起動しなかったんではないかと予測。それならそうと/var/log/messagesにログが残っててもよさそうなんだけどそれは見当たらず。
mysqldが一人で困って周りに助けを求めんからいけん。
ログださんかったらなんもわからんわ!

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL