Squidのチョイ規模でかめで参考になりそうなconfとコメント

#squidの動作させるユーザ・グループ
cache_effective_user squid
cache_effective_group nogroup
#squidはcache_memの約3倍のメモリを使います
cache_mem 64 MB
#diskdはsquidと別スレッドでディスクに書込みします。複数cpuに最適値。最初の100は使用ディスク容量(MB単位)
cache_dir diskd /var/cache/squid 100 16 256
#半接続で落ちたクライアントをすぐに切る
half_closed_clients off
#再起動/終了時の待ち時間
shutdown_lifetime 3 seconds
#メモリに読み込むキャッシュオブジェクトの最大容量
maximum_object_size_in_memory 5 MB
#ステータスページのパスワードを無効にする(本番では要変更)
cachemgr_passwd none all
#エラーステータス(404など)のキャッシュ時間を小さく取る
negative_ttl 1 minutes
#リクエストのリダイレクト時のホストヘッダの書き換えを禁止
url_rewrite_host_header off
#キャッシュが他にないのでアナウンスしない
announce_period 0
#icpを禁止
icp_port 0
#メモリをつかんだら解放しないで取っておく
memory_pools on
#メモリは使えるだけ使う(専用サーバ用設定)
memory_pools_limit 0
#最大2本のパラレルでデータの送受信を行う
pipeline_prefetch on
#最小無効化時間を短めに取る
minimum_expiry_time 2 seconds
#パーシスタントコネクションの最長値を短めに取る
pconn_timeout 30 seconds
#全てのデータを2分間キャッシュする。ページのリロードが来てもキャッシュを返す。
refresh_pattern . 2 100% 2 ignore-reload
#アクセスログのフォーマット
logformat combined %>a %ui %un [%tl] “%rm %ru HTTP/%rv” %Hs %h” “%{User-Agent}>h” %Ss:%Sh
#アクセスログの位置と書式
access_log /var/log/squid/access.log combined
#apacheと似たようなログを吐く
#emulate_httpd_log on
#apacheサーバの場合にいいかげんなvary_encodingを許可する
acl apache rep_header Server ^Apache
broken_vary_encoding allow apache
#アクセスコントロールリスト(定義部)
acl all src 0.0.0.0/0.0.0.0
acl localhost src 127.0.0.1/255.255.255.255
#クライアントからの接続先。
#http(s)//192.168.100.15/…. もしくはhttp(s)//*.una.com/…. が該当。
#もっと明確にサーバを指定したいときは頭にドットを置かずに www.una.com とかする。
acl reverse dstdomain 192.168.100.15 .una.com
http_access allow reverse
#ステータスページ表示設定。localhostからのみ許可。
#squidclient -p82 -h 192.168.100.15 -l localhost mgr:config | less のようにして取得。
acl manager proto cache_object
http_access allow manager localhost
http_access deny manager
#############一つ目のサーバを指定#############
#IPアドレス 127.0.0.1
#アクセラレートするときは parent
#ポート 80
#ICPポート 0
# ICPリクエストしない
# disables requesting ICMP RTT database (NetDB) from the neighbor.
# NOT to request cache digests from this neighbor.
# parentをオリジナルサーバとみなす。アクセラレート設定。
# cache_peerに名前を付ける
# authをparentにパス
# 最大接続数を制限しておく
cache_peer 127.0.0.1 parent 80 0 no-query no-netdb-exchange no-digest originserver name=server_1 login=PASS max-conn=100
#一つ目のサーバ用のsquidの待ち受けポート
#IPアドレス 192.168.100.15
#ポート 80
# アクセラレートモード
# ネームベースヴァーチャルホスト用のヘッダをparentにパス
# セキュリティ上 全てのリバースプロキシ設定に別のurlgroupを振ります。
http_port 192.168.100.15:80 accel vhost urlgroup=1
#squidサーバのポート80をaclで定義
acl p80 myport 80
#squidサーバのポート80からの接続のみ1番目のサーバにリバースプロキシする
cache_peer_access server_1 allow p80
cache_peer_access server_1 deny all
#############一つ目のサーバここまで#############
#############ふたつ目のサーバを指定#############
cache_peer 127.0.0.1 parent 800 0 no-query no-netdb-exchange no-digest originserver name=server_2 login=PASS max-conn=100
http_port 192.168.100.15:81 accel vhost urlgroup=2
acl p81 myport 81
cache_peer_access server_2 allow p81
cache_peer_access server_2 deny all
#############三つ目のサーバをSSLで指定#############
cache_peer 127.0.0.1 parent 8043 0 no-query no-netdb-exchange no-digest originserver name=server_3 login=PASS max-conn=100
#SSLなので https_port。http_port と違うところは cert=/PATH/TO/cert.pem と key=/PATH/TO/key.pem あとcipher
https_port 192.168.100.15:443 cert=/usr/local/ssl/certs/cert.pem key=/usr/local/ssl/private/key.pem accel vhost urlgroup=3 cipher=ALL:!ADH:!EXPORT56:RC4+RSA:+HIGH:+MEDIUM:-LOW:-SSLv2:-EXP:-eNULL
acl p443 myport 443
cache_peer_access server_3 allow p443
cache_peer_access server_3 deny all
#############四つ目のサーバを指定#############
cache_peer www.yahoo.com parent 80 0 no-query no-netdb-exchange no-digest originserver name=server_4 login=PASS max-conn=100
http_port 192.168.100.15:82 accel vhost urlgroup=4
acl p82 myport 82
cache_peer_access server_4 allow p82
cache_peer_access server_4 deny all
#許可されてないサーバからの接続を全部お断りする
http_access deny all


http://wiki.livedoor.jp/unaz/d/squid%20conf%20reverse%20proxy

コメントを残す