Windows7でのPPTPクライアント設定メモ

  1. コントロールパネルの検索フォームから「vpn」 を検索
  2. 「仮想プライベートネットワーク(VPN)接続のセットアップ」を選択
  3. 「VPN接続の作成」ウィンドウの「インターネットアドレス」入力欄に宛先ホスト名かIPアドレスを入力
  4. 「今は接続しない。自分が後で接続できるようにセットアップのみを行う」にチェックを入れて次へをクリック
  5. 「ユーザー名」と「パスワード」を入力して作成ボタンをクリック。接続は行わずに閉じる。
  6. 「コントロールパネル」 → 「ネットワークとインターネット」 → 「ネットワークに接続」の「ダイヤルアップとVPN」に作成した接続名が表示されているので右クリック → プロパティ
  7. 「セキュリティ」タブの「VPNの種類」を「Point to Point トンネリング プロトコル(PPTP)」に変更
  8. 「ネットワーク」タブの「インターネット プロトコル バージョン 4 (TCP/IPv4)」を選択しプロパティボタンをクリック → 詳細設定ボタンをクリック
  9. 「IP設定タブ」の「リモートネットワークでデフォルトゲートウェイを使う」のチェックを外す
  10. OKボタンをクリックして設定を終了
  11. 「コントロールパネル」 → 「ネットワークとインターネット」 → 「ネットワークに接続」の「ダイヤルアップとVPN」にある接続名を右クリックして「接続」を選択

無事接続できればめでたしめでたし。

コメントを残す