TracのCommitTicketUpdaterで利用できるコマンド一覧と書き方のまとめ

TracのCommitTicketUpdaterで利用できるコマンド一覧と書き方のまとめ。

Tracでチケットの管理をする際にコミットログからチケットの関連、クローズを管理するときに利用できる書式とコマンドをまとめる。

これってプラグインのところに記述があるんだけど、あれ、なんだったかな、ってなりやすいのでココにメモメモ。

まず書式は以下の二種類。チケットの書き方が#1ってやつと、ticket:1っていう二通りあるみたい。

下は#(たぶんシャープ(ハッシュ)じゃなくてナンバーの方)を使った書き方

command #1
command #1, #2
command #1 & #2 
command #1 and #2

そしてこちらがticket:1方式。

command ticket:1
command ticket:1, ticket:2
command ticket:1 & ticket:2 
command ticket:1 and ticket:2

それぞれにあるコマンドは、チケットの参照、もしくはクローズさせるときに使う。

参照、クローズのコマンドは以下の通り。

クローズ用

close, closed, closes, fix, fixed, fixes

参照用

references, refs, addresses, re, see

英語なのであまり違いがわからないけど、自然な文章で書くためにいくつか用法があるみたいだね!

コメントを残す