phpMyAdminをインストール

1. phpMyAdminをインストール

最近の鯖の移転に合わせてphpMyAdminも移動することになった。

まずは対象のホストでphpMyAdminをインストールする。ホストはFreeBSDなのでportsを利用する。

shell> portinstall –c databases/phpmyadmin
shell> pkg_info -Ix phpMyAdmin
phpMyAdmin-3.4.7    A set of PHP-scripts to manage MySQL over the web

今回のインストールはapacheもphpも入ってなかったのでコレに合わせてインストールされた。

途中のコンパイルオプションでmod_phpを作成するのを忘れないように。

また、mysqliモジュールも必要だったり。

2. apacheでphpMyAdminを設定

まずはapacheでphpを動くようにし、その後phpMyAdminを動くようにする。

httpd.confに以下のような記載をする。

phpmyadmin直下にあるindex.phpへそのままアクセスできるようにする。phpがちゃんと動くようにmimeの指定をする。

mod_phpのモジュールをロードする構文はphpのインストール時に勝手に入った。

shell> diff httpd.conf
@@ -214,7 +214,7 @@
 # is requested.
 #
 <IfModule dir_module>
-    DirectoryIndex index.html
+    DirectoryIndex index.html index.php
 </IfModule>

 #
@@ -357,6 +357,8 @@
     #
     AddType application/x-compress .Z
     AddType application/x-gzip .gz .tgz
+    AddType application/x-httpd-php .php
+    AddType application/x-httpd-php-source .phps

     #
     # AddHandler allows you to map certain file extensions to "handlers"

shell> grep php httpd.conf
LoadModule php5_module        libexec/apache22/libphp5.so

次にphpMyAdminのエイリアスなどをロードさせるコンフィグを記載する。

これまではhttpd.confに書いてきたけれど、わかりやすくするためにIncludesディレクトリに置いてみた。

shell>cat Includes/phpmyadmin.conf
<IfModule alias_module>
  Alias /phpmyadmin "/usr/local/www/phpMyAdmin/"
</IfModule>

<Directory "/usr/local/www/phpMyAdmin/">
    Options none
    AllowOverride Limit

    Order Deny,Allow
    Deny from all
    Allow from 127.0.0.1 192.168. 192.168.
</Directory>


shell> /usr/local/etc/rc.d/apache22 restart

最後にapacheを再起動してオシマイ。

3. phpMyAdminにアクセス

ブラウザで http://hostname/phpmyadmin でアクセスする。

phpmyadmin

今回のケースだとmysqliをインストールしてなくてエラーが出ちゃった。 portinstall -c databases/php5-mysqli をしてインストールしておく。

config等をphpMyAdminが作成してくれるらしいので作成できるようにしてあげる。

shell> cd /usr/local/www/phpMyAdmin

shell> mkdir config
shell> cvm5# chown www:www config

コメントを残す