UltraVNCを快適に使うためのオプション

1. 快適UltraVNC

X Windowとかのリモート環境を利用するために使われるVNC。いまではソフトウェアの名前ではなくプロトコルの名前になってる?のかな?

さて、VNCにはそのリモート環境を実現するソフトウェアがいくつかある。Real VNC、[email protected] VNC、Tiny VNCなどなど・・・。

自分はその中で、高性能と言われる[email protected] VNCを利用している。この[email protected] VNCはそこそこ歴史が長く、そして最近のリリースが無い。残念。

yubird先生がLinuxのX Window Systemへ接続の際に、[email protected] VNC Viewerについて、速度を速くしたりする的な面でこのオプションを使うといいよ、というのを教えてくれたのでココにメモする。

2. GUIオプション

まずは[email protected] VNC ViewerのGUI設定をする。

vnc

main

yubird先生曰く、上記の通りに設定すれば良いらしい。そしてメインのウィンドウにある、”Save connection settings as default”にチェックをいれて、一度どこかへ接続しておく。こうするとGUIの設定が保存される。

3. コマンドラインオプション

次に、[email protected] VNC Viewerのショートカットを作成する。右クリックからプロパティを開いて、引数を設定する。

設定する引数は次の通り。例ではパスワードを指定しつつexample.comに接続に行くようになってる。この二つの指定を外せばオプションを指定したままダイアログを出すようになる。

/nostatus /shared /encoding zlibhex /password pass example.com:0

property

きっとコレで超早いVNC生活が待ってるはず!!!

コメントを残す