Cactiでtholdプラグインを使う方法

今回はtholdプラグインをインストールした。
tholdプラグインはsettingsプラグインを必要とする。settingsプラグインはCacti’s Plugin Architectureを必要とするのでこれをインストールした。

Cacti’s Plugin Architecture
http://cactiusers.org/index.php
http://cactiusers.org/wiki/PluginArchitectureInstall
インストールには2種類方法があるらしく、パッチを当てる方法とファイルを上書きする方法があったので今回は上書きの方法でやった。
ファイルをダウンロードして展開するとfiles-versionという名前のディレクトリが出てくるので、中身をCactiのインストールディレクトリ(/usr/local/share/cacti/)に上書きした。
global.phpにデータベースの設定を記述している場合は、Cacti’s Plugin Architectureに上書きされてしまうため再度設定する必要がある。
global.phpにインストールパスを記述する新しい設定項目が増えているので設定する。http://servername/cacti/であれば $config['url_path'] = "/cacti/"; といった感じで。
展開したファイルの中にpa.sqlがあるのでcactiのデータベースに流し込んでやれば
Cacti’s Plugin Architectureのインストールは完了。

# cd /usr/local/sahre/cacti
# wget http://mirror.cactiusers.org/downloads/plugins/cacti-plugin-0.8.7e-PA-v2.6.zip
# unzip cacti-plugin-0.8.7e-PA-v2.6.zip
# cp -R files-0.8.7e/ ./
# ee include/global.php
$config['url_path'] = "/cacti/";
# mysql -u username -p database < pa.sql

次にsettingsプラグインをインストールした。
http://cactiusers.org/downloads/settings.tar.gz
ダウンロードして展開したら出てくるディレクトリをpluginsディレクトリの中に入れる。
config.phpに

$plugins = array();
$plugins[] = ‘settings’;

を書き込む。

次にtholdプラグインをインストールした。
http://cactiusers.org/downloads/thold.tar.gz
ダウンロードしてプラグインディレクトリに入れてconfig.phpに

$plugins[] = ‘thold’;

を書き込む。

次にCactiのメニューからUserManagementを選択してユーザの設定画面を開くと、Realm Permissionsの中にPlugin Managementが増えているのでチェックを付けてSaveする。
次にCactiのメニューからPlugin Managementが増えているので開くと、Global Plugin SettingsとThresholdsがあるので両方ともInstall及びEnableを実行する。

Cactiの上部にあるタブにtholdが増えていればインストールは完了だ。

コメントを残す