第4回【とあるサーバの下学上達〜サイエンスプログレス〜】

こんばんは、高城梢です。
平成24年12月12日水曜日「とあるサーバの下学上達〜サイエンスプログレス〜」を放送いたしました。
たくさんのご視聴をありがとうございました。

本日の内容は、【cpコマンドの復習、応用から新しいオプションをいくつか】

☆ディレクトリをdesktopからnanalyディレクトリに移動します。続いて、lsコマンドでnanalyディレクトリに入っているファイルなどを表示させます。

☆cpコマンドを使ってみる
cpコマンドを使ってfile1の内容をfile2.txtにコピーする。
file1の内容

cpコマンドでコピーする。file1をfile2.txtにコピーする。catコマンドを使って、コピーされたあとのfile2.txtの内容を見る。

mydirにfile4.txtをコピーする
今はない。

cpコマンドで、コピーする

lsコマンドで確認するとfile4.txtがコピーされたことがわかる。

☆ / を使ってmydirの中にあるfilexにfile1の内容をコピーする

catコマンドでfilexの内容を表示させるときも/が必要です。filexはmydirの中にあるのであって、nanalyディレクトリにはないからです。

☆新しいオプション -G
ディレクトリだけ青色に表示してくれます。

☆新しいオプション f*
fから始まる名前の全てのものを対象としています。
ここでは、fから始まる名前の全てのものをmydirにコピーしてみました。

コピーされました。

☆新しいオプション -Ga
-Gとaの組み合わせです。.ファイルを表示してくれます。

☆新しいオプション -Gal
-Gとaとlの組み合わせです。詳細まで表示してくれます。

☆新しいオプション /* .
~/* .で~の全ファイルをカレントディレクトリ(現在のいるディレクトリのこと)にコピーする。

lsコマンドで確認するとコピーされていることがわかる。

☆新しいオプション ~/~ . と ~/~ ~
~には、ファイル名が入る。ここでは、mydirのfile1をカレントディレクトリにコピーしてみた。

これで、mydirのfile1がカレントディレクトリにコピーされた。続いて、mydir/file1 file11でmydirの中のfile1をfile11という名前でコピーしてみた。

☆新しいオプション -i
コピーをするときに、「上書きコピーを本当にしてもよいか」聞いてくる

(y/n[n])は、yの入力もしくはenter(デフォルトでnが入力される)が必要となる。
先ほどのf*を使うと、全てのファイルについて聞いてくる

☆新しいオプション -r
ディレクトリをそのまま丸ごとコピーできる。ここでは、mydirの内容をmydir2にコピーした。lsコマンドで確認もした。

本日の内容はここまでです!
次週、12月19日水曜日、21時03分〜です!よろしくお願いします!
Ustreamにて「とあるサーバの下学上達」で検索すると、今週の録画分が出てきますので、参考にしてください。

コメントを残す