第5回【とあるサーバの下学上達〜サイエンスプログレス〜】

こんばんは
平成24年12月19日に第5回「とあるサーバの科学上〜サイエンスプログレス〜」を放送いたしました。ブログに書くのが遅くなり申し訳ないです。
今回は、第1〜4回の復習となりました。忘れていることが多かったのと、やっぱりlsコマンドとcatコマンドが混ざってしまいます。うーん。そんな第5回目の放送でした。

【復習内容】
・FreeBSDとは、インターネットサーバのこと。

・lsコマンド
ディレクトリの内容をリスト化して表示する
・ls mydir mydirディレクトリの内容を表示
・ls -a ドットファイルも表示
・ls -l ファイルの詳細(日付とか)も表示
・ls -al 上記の組み合わせ
・ls -Gal ディレクトリは青色で表示され、以後-alと同じ

・catコマンド
ファイルの中身を見たり作成できたりする
ファイルの中身を連続してみることも可能
・cat -n
ファイルに入っている文字列に番号を降ることができる
番号はファイルごとに1からリセットされる
・cat -e
ファイルに入っている文字列の最後尾に$マークをつける。最後尾にスペースがあるかないかを確認することきに使う。

・file この後ろにつくものが、何なのかを表示。ディレクトリ、とかテキストとか

・ワイルドカード
・ls * 全てのファイル
・ls aa* aaから始まる全てのファイル
・ls *a2* a2を含むファイル
・ls *.txt .txtで終わるファイル

・cpコマンド ファイルをコピーするときに使う
・cp file1 file2 でfile1をfile2にコピーする
・cp file1 mydir2/filex でmydir2にfilexという名前でfile1の内容をコピーする

まだまだ勉強不足です。がんばります!
次回の放送は、平成24年12月26日21時03分となります!
U-streamで「とあるサーバ」と検索☆
よろしくお願いいたします。

コメントを残す