vistaにある互換モードがうまく動かない

capture stuff lightというwindowsで使える、高性能なキャプチャーソフトがある。これは作業の手順をメモするときに大活躍だ。

しかしながら、vistaのaeroが有効だとこのソフトを利用してもうまく動作しない。厳密にはどうやら、vistaの機能の一部であるデスクトップコンポジションが邪魔をしているようだ。

まずcaputure stuff lightがうまく動かないことについて調べてみた。症状は後ろの画面が透けて見えて、対象の画面がキャプチャできなかったり、矩形キャプチャで枠が何重にも描画されて真っ黒な画像になっている。

【Vistaでうまく動作しないときは】

「デスクトップコンポジションを有効にする」のチェックを外してみてください。
(コントロールパネル > システム > システムの詳細設定 > パフォーマンス「設定」 > 「視覚効果」タブ)

「XP互換モード」で動作させてください。

スクロールキャプチャソフト:Capture STAFF – Light –

どうやらデスクトップコンポジションを無効にするのがポイントらしい。

「デスクトップコンポジションを有効にする」は、Vistaの描画方法を指定する設定だ。これがオンになっているとDesktop Window Manager(DWM)が有効になり、従来のWindowsと異なる描画方法(画面上のコンテンツを直接ディスプレイデバイスに描画するのではなく、グ ラフィックスメモリ内で合成してから描画する方法)を採用する。DWMはWindows Aeroの実現に欠かせないものなので、「デスクトップコンポジションを有効にする」をオフにすると、Aeroもオフになってしまうのは要注意だ。

Vistaの視覚効果を変更してスピードアップ (2/2)

(ちょっと前はひどかったが近年では)普通のマシンであれば、aeroを無効にしてvistaを利用するのは得策ではない。

そこで互換モードの出番。これはvistaで追加されたアプリケーションに提供される、aero等の機能を無効にしたりできる設定項目の様子。

だが残念なことにうちではネットワークドライブにバイナリを置く習性があるのでこれが設定できない。

互換モードが動かない
互換モードが動かない。これをキャプチャするためにデスクトップコンポジションを無効にしたので、すべてウィンドウの下が透けなくなった。

そうなると最初の案にある、windows vista全体のデスクトップコンポジションを無効にするしか選択肢が無くなってしまう。かといってバイナリはいろんなところで設定を使い回したいのでネットワークドライブに置きたい。またネットワークドライブをマウントしてやる方法ではダメだった。何とかならないかとぐぐって出てきた情報が以下。

Windows Vistaに限った話ではありませんが、過去のWindows OSと互換性を保つため、ショートカットアイコンなどのプロパティダイアログには、互換性を維持するための<互換性>タブが用意されています。これらの設 定はプロパティダイアログからすべて行なえますが、複数台のコンピュータを併用している方の場合、設定済みの内容を他のコンピュータで使用する場面も訪れ るのではないでしょうか。そこで、今週は、互換性情報の確認および設定手順をご紹介します。

アプリケーションの互換性設定をレジストリ操作で行う

完璧ですね。

コメントを残す