TeamSpeak3で管理者ログインする方法

TeamSpeak3で管理者ログインする方法について。

無料のボイスチャットソフト、TeamSpeak3。そのサーバを運営していると管理者でログインする必要がでてくる。管理者でのログインはわかりにくいのだけれどその方法についてのメモ。

過去のバージョンだとTeamSpeak3のクライアントから様々なクエリを使うとができていたと思うんだけれど、なぜだか現行バージョン(3.0.9.2)だと無理だったので他の方法で試してみた。
ちなみに過去のバージョンのやり方はTeamSpeak3 Wikiに載っているので参照されたし。

ログインしてクエリを実行するにはtelnetを行う必要がある。telnetは主にTCPを用いたいろいろなコマンドのやりとりをするもので、UNIX/Linuxに入っている。昔のWindowsには付いていたんだけれど最近のWindows 7とかだと見かけない。そういう場合にはTeraPadputtyを利用しよう。

telnetでのログイン

telnetでログインするにはIPアドレス又はホスト名、そしてポート番号が必要だ。IPアドレス、ホスト名についてはクライアントでログインするときに使用しているアドレス、ホスト名を入力しよう。ポート番号についてはデフォルトでは10011。TeamSpeak3では下記のようなポート番号を使っている。10011を3倍したものはファイル転送用だ。

サービス ポート番号
通常の音声チャット 9987 tcp
管理サーバクエリ接続 10011 tcp
ファイル転送用 30033 tcp

サーバ/クエリ


実際にtelnetで接続してみる。まずは “telnet ホスト名 10011″と入力する。接続が完了したら”login serveradmin password”としてログインしよう。

shell> telnet ts.l2tp.org 10011
Trying 192.168.11.1...
Connected to ts.l2tp.org.
Escape character is '^]'.
TS3
Welcome to the TeamSpeak 3 ServerQuery interface, type "help" for a list of commands and "help <command>" for information on a specific command.
login serveradmin passwork
error id=0 msg=ok

うまく接続できない場合にはIPアドレスが正しいかチェックしてみる。該当のホストでnetstat -natsockstat | grep teamspeakなどしてみよう。
ログインするときのserveradminのパスワードが分からない場合にはパスワードをリセットしましょう。

これでサーバへログインできたと思う。この先にはいろいろなことができるのでやってみましょう。

「TeamSpeak3で管理者ログインする方法」への2件のフィードバック

コメントを残す