freebsdにsnmpエージェントをやらせる

portsからnet-mgmt/net-snmpのインストール。
サンプルconfのコピー。
cp /usr/local/share/snmp/snmpd.conf.example /usr/local/etc/snmpd.conf
com2sec local localhost private
com2sec mynetwork 192.168.0.0/24 public
***追加***
proc httpd #httpプロセス監視の為
disk /var #diskの容量を取得する為
disk /home
disk /usr
***追加***
rc.dにある起動スクリプトを参考にrc.confの書き換え。
snmpd_enable=”YES”
snmptrapd_enable=”YES”
snmpd_conffile=”/usr/local/etc/snmpd.conf”
起動。
%sudo /usr/local/etc/rc.d/snmpd start
%sudo /usr/local/etc/rc.d/snmptrapd start
確認
%snmpwalk -v 1 -c private localhost
ログは下記に残るのでエラー究明に利用。
/var/log/snmpd.log
参考サイト
http://freebsd.g.hatena.ne.jp/py4s-tnk/20070527

コメントを残す