emacsでbackspaceキーを押したらデリートの動作になる。

最近emacsのバージョンを22から23にアップした。その中で変わってた動作の一つとして、BSキーがデリートキーの動作になってしまうことがあった。

M-x describe-keyしてみると以下のように。

C-d runs the command delete-char, which is an interactive built-in
function in `C source code'.

It is bound to <deletechar>, C-d.

(delete-char N &optional KILLFLAG)

Delete the following N characters (previous if N is negative).
Optional second arg KILLFLAG non-nil means kill instead (save in kill ring).
Interactively, N is the prefix arg, and KILLFLAG is set if
N was explicitly specified.

あーなんか面倒だけどC-dとC-hでとういつしよかな。でもrootとかでやるとC-hきかんしな・・・。

コメントを残す