英語キーボードと日本語キーボードの認識

ちょこちょこインターネットを調べてみると
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Paremeters
LayerDriver JPNの内容を”kbd101.dll”にすればOKとのこと。
試してみたところちゃんと認識したのでメデタシ・メデタシとなるはずだったのに
意外なところに落とし穴が。
仕事柄リモートデスクトップを使用することがあるのですが、
リモートデスクトップ先では106と認識されて文字入力が大変に!
やっぱ郷に入っては郷に従えかな。
どこかに「無変換」「変換」「ひらがな」キーがなくて
スペースキーが大きい日本語キーボードないかな。
2007/07/10 追記
マイクロソフトのサポートオンラインを参照したところ
\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Paremeters
LayerDriver JPNだけではなく、
OverrideKeyboardIdentifier、OverrideKeyboardSubtype、OverrideKeyboardType
も設定する必要があるとのこと。
以下のように設定したらリモートデスクトップでも問題なく使えるようになりました。チョキ
LayerDriver JPN:KBD101.DLL
OverrideKeyboardIdentifier:PCAT_101KEY
OverrideKeyboardSubtype:0
OverrideKeyboardType:7
http://blog.chokinbaco.com/index.php?e=92

コメントを残す