vmwareで走らせるFreeBSDの時刻が遅い件

皆さんお困りのVMWare上のUNIXやらが遅い件(時間的な意味で)。
うちのFreeBSDたちも片っ端から遅い。
幸い時刻に関してはまだましなserver2003が一台あったのでこいつを外部のntp serverにつながせて、内部のntp serverはfreebsdの一つにやらせようっていう件。
ちょうどctuがあるけど自前のルータ使いますって感じで。
ntpdとntpdateのどっちがいいかっていう問題があるけど個人的にはntpdの方が常時立ってるしいいかなと思って無理にでもうごかした。
#server ntp1.jst.mfeed.ad.jp
#server ntp2.jst.mfeed.ad.jp
#server ntp3.jst.mfeed.ad.jp
#server ntp.asahi-net.or.jp
server xxx.xxx.xxx.xxx prefer maxpoll 4 minpoll 1
#server 127.0.1.0
#fudge 127.0.0.1 stratum 5
driftfile /etc/ntpd.drift
logconfig
再起動とかマシン起動時にはまたいつも通り大幅に時刻がズレてるだろうからntpdateで一発合わせてやってからntpdを起動。
%more rc.conf | grep ntp
ntpdate_enable=”YES”
ntpdate_hosts=”server2003.xxx.xxx”
ntpd_enable=”YES”
ntpd_program=”/usr/sbin/ntpd”
ntpd_flags=”-p /var/run/ntpd.pid -c /etc/ntp.conf”
あとはクライアントでも同様の設定で、設定先をそのntpサーバにしてやってやればよい。
server 192.168.75.67 prefer maxpoll 4 minpoll 1
#server 127.0.1.0
#fudge 127.0.0.1 stratum 5
driftfile /etc/ntpd.drift
logconfig
課題:
syslogがまたごちゃごちゃする。
securityは低め。内部なら誰からもアクセスできるし外部からも(nat超えたりとかなんとかがんばれば)アクセス可能。これって時計ズラされたらマズー。
補足:
windowsの時計を合わせる件
レジストリの下記の場所
HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\W32Time\TimeProviders\NtpClient
にある、
SpecialPollInterval
が設定間隔(秒)
SpecialPollTimeRemainingが設定するサーバ(らしいけど最後につくへんなのは何)
http://support.microsoft.com/kb/297227/ja

ntpqの説明

<ntpq出力内容の説明>
ROOT# ntpq -p 133.100.9.2
remote refid st t when poll reach delay offset disp
==============================================================================
*GPS_NMEA(1) .GPS. 0 l 184 16 377 0.00 0.002 0.03
+clock.tl.fukuok .GPS. 1 u 218 64 376 3.11 -0.070 0.53
+helio.tl.fukuok .GPS. 1 u 229 64 377 3.60 0.068 0.08
geo.gen.u-ryuky clock.nc.fukuok 2 u 736 1024 376 52.40 7.090 19.15
-ns.hiroshima-u. .GPS. 1 u 213 64 376 17.23 -0.724 2.14
-onikobe.gw.toho .GPS. 1 u 199 512 377 57.82 -1.658 5.16
-izumi.gw.tohoku .GPS. 1 u 359 128 264 60.33 -2.292 3.01
LOCAL(0) LOCAL(0) 3 l 196 64 377 0.00 0.000 10.01
xtime.nist.gov .ACTS. 1 u 336 256 377 189.33 -9.976 2.76
【1カラム目】
 ’ ‘(reject) 距離が遠くて捨てられたサーバー
 ’x'(falsetick) falseticker検査で捨てられたサーバー
 ’.'(excess) 参照サーバーが多くて捨てられたサーバー
 ’-‘(outlyer) クラスタリング検査で捨てられたサーバー
 ’+'(candidat) 接続テストに合格し、いつでも参照可能なサーバー
 ’#'(selected) 同期距離が遠いが参照可能なサーバー
 ’*'(sys.peer) 同期中であると宣言されたサーバー
 ’o'(pps.peer) 同期中であると宣言されたサーバー(同期はPPS信号から間接的に行なう。)
【2カラム目以降のラベルの意味】
 remote リモート・サーバーのホスト名
 refid 参照ID(不明の場合は、0.0.0.0)
 st stratum番号、サーバーが第何階層かを表します。
 t 階層タイプ(l:local,u:unicast,m:multicast,b:broadcast)
 when 最後のパケットを受け取ってからの時間(単位:秒)
 poll ポーリング間隔(単位:秒)
 reach 到達可能なレジスタを(8進数表現)
 delay ポーリングインターバルの遅延見積もり(単位:ミリ秒)
 offset 階層のオフセット(単位:ミリ秒)
 disp 階層の分散(単位:ミリ秒)
http://www.oiden.net/Flets/bangai02/ntpq_output

portsを使うときにデフォルトで与えるオプション群

portinstallやportupgradeなどを使ってインストールする際、あらかじめMAKEのオプションを設定することができます。
# chmod 644 /usr/local/etc/pkgtools.conf
# vi /usr/local/etc/pkgtools.conf
MAKE_ARGS = {
‘databases/mysql*’ => [ ‘WITH_CHARSET=utf8’]
‘www/apache*’ => [ ‘WITH_PROXY_MODULES=yes’]
‘*’ => [‘WITHOUT_X11=yes’]
}
http://vm.selfip.com/20061217-1252_53.html

ctuのipアドレス

ホスト名 IPv4 アドレス IPv6アドレス
https://ctu.fletsnet.com/ 210.247.16.1 [2001:d70:3:1::3:3]
security.fletsnet.com 210.247.16.2 [2001:d70:101:2::150]
update.fletsnet.com 210.247.16.3 [2001:d70:101:2::151]
www.square.fletsnet.com 210.247.16.4 [2001:d70:3:1::3:1]
version-up.startuptool.fletsnet.com 210.247.16.5 [2001:d70:104::3]
ninsyou.uketsuke.fletsnet.com 210.247.16.6 [2001:a020:100:10::1]
henkou.uketsuke.fletsnet.com 210.247.16.7 [2001:a020:100:12::2]
moushikomi.uketsuke.fletsnet.com 210.247.16.8 [2001:a020:100:12::3]
sokudo.speedtest.fletsnet.com 210.247.16.9 [2001:d70:3:1::3:1]
NTT西日本の考察が詳しい例のページ
http://tomocha.net/docs/bflets/

NFS サーバーとして設定した FreeBSD で、リブートせずに /etc/exportsの変更を反映させるにはどうしたら良いのでしょう。

A. man exports の SEE ALSO に mountd(8) があります。
man 8 mountd を見てみると、そのものずばりが書いてあります。
# kill -HUP `cat /var/run/mountd.pid`
で /etc/exports の変更内容を反映させることができます。
http://www.jp.freebsd.org/QandA/HTML-QA/NIS-NFS-qa.html
[管理番号 594] (最終更新 1999/02/17 23:58:45)
どうやら
# /etc/rc.d/mountd restart
じゃダメみたい。
いまだにこの辺の違いがわからない。