Windows Update を手動で強制的に実行させるには

Windows Update を手動で強制的に実行させるには。
OSを入れなおした直後とかにWindows Updateを当てたい場合にはこんな感じ。
>wuauclt /detectnow
タスクマネージャでCPUとメモリをしっかりとっていってることを確認。
動いてなかったらそういうときの対処法もどっかにあったはずだからググる。
http://www.google.co.jp/search?num=50&hl=ja&safe=off&client=firefox-a&rls=org.mozilla%3Aja%3Aofficial&hs=Kab&q=wuauclt+%E6%89%8B%E5%8B%95%E3%81%A7%E5%AE%9F%E8%A1%8C&btnG=%E6%A4%9C%E7%B4%A2&lr=lang_ja
自動更新 2.2 の検出サイクルを強制的に実行する方法
http://support.microsoft.com/kb/326693/ja

RT58i設定メモ

とりあえずバックアップ。
# copy config 0 usb1:filename USBメモリに設定ファイルをバックアップする。コピー元
# cold start 工場出荷時の設定に戻す。LAN側IPは192.168.100.1になる。
管理者パスワードと一般ユーザパスワードの設定。
# administrator password encrypted 暗号化して保存
# login user username password 暗号化されて保存
lgoin user username encrypted passwordは暗号化されたpasswordを入力するときに使う。てっきり暗号化して保存するのかと思った。軽くハマった。
時間の設定
# date yy-mm-dd
# time hh-mm-ss
ntpdate ntp-serverでも可
LAN側IPアドレスの設定
# ip lan1 address ipaddress/mask
ISPの設定
# pp select 1
pp1# pppoe use lan2
pp1# pp auth accept pap chap
pp1# pp auth myname myname password ISPのユーザ名とパスワードを設定する
pp1# ppp ipcp ipaddress on #IPアドレスをもらう
pp1# ppp ipcp msext on #DNSサーバのアドレスを受け取るためMS拡張を使う
DNSの設定
# dns server pp 1 #ISPのDNSサーバを使う
# dns domain domainname
# ip host fqdn value
# dns static type name value
DHCPの設定
# dhcp service server
# dhcp scope 1 ipfrom-ipto/mask gateway address
# dhcp scope lease type 1 bind-priority
# dhcp server rfc2131 compliant except remain-silent これがないとなぜかアドレスがもらえない。ハマった。
# dhcp scope bind 1 address ethernet macaddr
NATとルーティング
# nat descriptor type 1 masquerade
# nat descriptor address outer 1 ipcp
# ip pp nat descriptor 1
# nat descriptor masquerade static 1 id ipaddr proto [outer_port=]inner_port