CentOSでNFSを利用する

クライアント側の設定
以下の例ではNFSサーバのIPを192.168.10.1とし、サーバのディレクトリ /hogeをクライアントの/hoge1へマウントする場合.実際には適宜読みかえる.
オートマウントの設定。/etc/auto.masterに次のような行を追加する:
/misc /etc/auto.misc –timeout=60
数字は、その秒数アクセスがないと自動的にアンマウントするという意味。次に/etc/auto.miscに以下のような行を追加する:
hoge1 -fstype=nfs,rw 192.168.10.1:/hoge
好みの場所へリンクを張る:
# ln -s /misc/hoge1 /hoge1
autofsを起動するよう設定:
# /sbin/service autofs start
# /sbin/chkconfig autofs on
以上で、クライアントにおいて/hoge1にアクセスしたときに自動的にマウントされるようになる.
参照: http://www.geocities.jp/hoge_tomo/

http://tmcosmos.org/linux/centos/co4_server.html#NFS
実際には/etc/auto.miscへ

home -fstype=nfs,rw homenfs:/usr/home

を追加し、/etc/auto.masterに

/misc /etc/auto.misc –timeout=36000000

を追加する。
# mkdir /misc/home
# ln -s /misc/home /home

CentOSでNISを利用する

クライアントの設定(NISサーバにもクライアントの設定は必要)
ypbindとyp-toolsがインストールされていなければ入れる(通常は入っている):
# yum install ypbind yp-tools
/etc/sysconfig/networkを編集し、起動時に自動的に設定されるようにする:
START_YPBIND=yes
NISDOMAIN=nis_domain
/etc/yp.confを編集し,
domain nis_domain server SERVERIP
domain nis_domain broadcast
補足: broadcastで聞いてくれるらしい
ここでSERVERIPには上でNISサーバのIPを入れる.
/etc/passwdに次の行を追加:
+::::::
ypbindを起動:
# /sbin/service ypbind start


http://tmcosmos.org/linux/centos/co4_server.html#NIS

古いhttpdのログをwebalizerに追わせる

confを利用する場合にはこんな感じ
%/usr/local/bin/ja-webalizer -c /usr/local/etc/webalizer/ja-webalizer-xxx.conf /usr/local/var_log_xxx/xxx-access.log.2.gz

access_logというのが最新のアクセスログで、××.1、××.2、××.3の順に古くなっていく。この過去のログをWebalizerへ古い方から順番に読み込ませるといい。これでログに残っている分はすべて集計することができる。
# webalizer /var/log/httpd/access_log.4
# webalizer /var/log/httpd/access_log.3
# webalizer /var/log/httpd/access_log.2
# webalizer /var/log/httpd/access_log.1
# webalizer /var/log/httpd/access_log

http://www.jitaku-server.net/apache_webalizer.html
古いログから読ませないとうまく読んでくれない。どうやら最後に読み込んだ日時を覚えてるらしく、それ以前のデータは読もうとしない。
データを飛ばして読んだときには最初から読みなおさせよう

wordpressで連続したダッシュが長いダッシュに置き換わってしまう問題

サンプルコードとかコマンドとかを載せるときに二つのダッシュを書き込もうとすると長いダッシュ荷尾杵変わってしまう。
コピペして貼り付けると二バイトコード扱いになってたりして不便。
コレを回避するにはダッシュの代わりにhtml何とかでかく。
--
こんな感じ。
原文

WordPress has the nasty habit, thanks to numerous filters, of converting two consecutive – to different ascii characters. This causes big problem for code fragments where people often tend to cut and paste the displayed code from browsers.
Here is how you can display two consecutive dash (minus sign) in WordPress posts and pages, like –, without any problem:
Use - instead of directly writing a -. So two successive dashes should be written as: --

http://blog.taragana.com/index.php/archive/how-to-add-double-dash-to-wordpress-posts/

express5800でraidを使う

オンボードRAID機能
* BIOSの基本メニューには、RAIDの「有効/無効」選択は表示されない。切替は、ジャンパスイッチで行う。
o ユーザーズガイドにて、110Gdは159頁を、110Geは171頁を参照。
* ジャンパスイッチでRAIDを有効にすると、LSI社(旧LSI Logic社)のRAID用のBIOSメニューが表示される様になる。
o 以降の設定は、ユーザーズガイドにて、110Gdは160頁以降を、110Geは172頁以降を参照。
* ドライバは、LSI社(旧LSI Logic社)の物を使用する。Intel社の物は使用しない。
o Intel RAID は、BIOSが対応していない為、使用出来ない。
* OSインストール後のジャンパスイッチ変更、RAID用BIOS設定の変更は禁止。
o HDD内のデータが破壊される可能性有り。
* ソフトウェアRAIDである。(BIOSとドライバによると推測)
* ジャンパスイッチの設定を「RAID」にすると、基本BIOSの AHCI 設定は [Enabled] に固定される。
* 3台のHDDを、RAID構成2台+非RAID1台で使用する場合は、非RAID1台もRAID0として認識させる必要有り。
* LSI社のMegaRAID Strage Managerにて、Client側からPopUpソフトで障害監視や状態確認が可能。
* CentOS 4.6では、LSI社のRedHat用ドライバで、MegaSRとして認識可能。ドライバは、インストール時にFDよりddで読込み。
* CentOS 5.1では、LSI社のRedHat5.x用ドライバで、RAID1は認識するが、RAID0は認識せず。
* FreeBSD 7.0では、認識せず。
* トータルで2TBを超える容量のRAIDを構成する場合は、こちらの資料を参照。
http://wiki.nothing.sh/page/NEC%20Express5800%A1%BF110Gd/110Gx%20%A5%AA%A5%F3%A5%DC%A1%BC%A5%C9RAID%B5%A1%C7%BD%A1%BFAHCI%B5%A1%C7%BD
Express5800/110Gd(N8100-1279Y)
http://support.express.nec.co.jp/pcserver/list.php?products=117
Express5800/110Ge(N8100-1447Y)
http://support.express.nec.co.jp/pcserver/list.php?products=1586

mysqlでユーザ一覧を取得するSQL

mysql> select user();
+—————-+
| user() |
+—————-+
| [email protected] |
+—————-+
1 row in set (0.00 sec)

Freebsdにtritonnをインストール

先だってsennaを入れておく
http://qwik.jp/senna/FrontPageJ.html
%sudo portinstall /usr/ports/textproc/senna
tritonn公式
http://qwik.jp/tritonn/
ソース取得
%wget “http://sourceforge.jp/frs/redir.php?m=iij&f=%2Ftritonn%2F36445%2Ftritonn-1.0.12-mysql-5.0.67-linux-x86_64.tar.gz”
%tar tritonn-1.0.12-mysql-5.0.67.tar.gz
%cd tritonn-1.0.12-mysql-5.0.67
mecabは面倒だからいれなかったです。オプションに注意。
%./configure –without-mecab && make && sudo make install
起動スクリプトの書き方よくわからんので他の鯖から持ってくる。
%sudo cp ~hoge/tmp/mysql-server /usr/local/etc/rc.d/
%sudo ee /etc/rc.conf

mysql_dbdir=”/usr/local/mysql”
mysql_args=”–log=/var/log/mysql –tmpdir=/usr/tmp/ –log-slow-queries –log-queries-not-using-indexes –relay-log=adams-relay-bin”
#mysql_args=”–tmpdir=/usr/tmp/ –log-slow-queries –log-queries-not-using-indexes”
mysql_enable=”YES”

利用するディレクトリ作成&所有者変更
%sudo mkdir /usr/tmp
%sudo mkdir /usr/local/mysql
nisにユーザが居たので利用。
%ypcat passwd | grep mysql

mysql:*:88:88:MySQL:/nonexistent:/usr/sbin/nologin

%sudo chown mysql:mysql /usr/tmp /usr/local/mysql
%sudo chmod o-rwx /usr/local/mysql
これやったらディレクトリの中身が作られる、んじゃないかな、よく覚えてない。
%sudo mysql_install_db
利用するディレクトリとかのメモ。最初sudoしなかったらpermission deniedでてきたのでメモ。

%mysql_install_db
mkdir: /usr/local/var: Permission denied
chmod: /usr/local/var: No such file or directory
mkdir: /usr/local/var: Permission denied
chmod: /usr/local/var/mysql: No such file or directory
mkdir: /usr/local/var: Permission denied
chmod: /usr/local/var/test: No such file or directory
Installing MySQL system tables…
090910 22:44:31 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
090910 22:44:31 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
090910 22:44:31 [Warning] Can’t create test file /usr/local/var/vmbsd14.lower-test
090910 22:44:31 [Warning] Can’t create test file /usr/local/var/vmbsd14.lower-test
/usr/local/libexec/mysqld: Can’t change dir to ‘/usr/local/var/’ (Errcode: 2)
090910 22:44:31 [ERROR] Aborting
090910 22:44:31 [Note] /usr/local/libexec/mysqld: Shutdown complete
Installation of system tables failed!
Examine the logs in /usr/local/var for more information.
You can try to start the mysqld daemon with:
/usr/local/libexec/mysqld –skip-grant &
and use the command line tool
/usr/local/bin/mysql to connect to the mysql
database and look at the grant tables:
shell> /usr/local/bin/mysql -u root mysql
mysql> show tables
Try ‘mysqld –help’ if you have problems with paths. Using –log
gives you a log in /usr/local/var that may be helpful.
The latest information about MySQL is available on the web at
http://www.mysql.com
Please consult the MySQL manual section: ‘Problems running mysql_install_db’,
and the manual section that describes problems on your OS.
Another information source is the MySQL email archive.
Please check all of the above before mailing us!
And if you do mail us, you MUST use the /usr/local/bin/mysqlbug script!
%sudo mysql_install_db
Installing MySQL system tables…
090910 22:44:42 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
090910 22:44:42 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
OK
Filling help tables…
090910 22:44:43 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
090910 22:44:43 [Warning] option ‘max_join_size’: unsigned value 18446744073709551615 adjusted to 4294967295
OK
To start mysqld at boot time you have to copy
support-files/mysql.server to the right place for your system
PLEASE REMEMBER TO SET A PASSWORD FOR THE MySQL root USER !
To do so, start the server, then issue the following commands:
/usr/local/bin/mysqladmin -u root password ‘new-password’
/usr/local/bin/mysqladmin -u root -h vmbsd.l2tp.org password ‘new-password’
Alternatively you can run:
/usr/local/bin/mysql_secure_installation
which will also give you the option of removing the test
databases and anonymous user created by default. This is
strongly recommended for production servers.
See the manual for more instructions.
You can start the MySQL daemon with:
cd /usr/local ; /usr/local/bin/mysqld_safe &
You can test the MySQL daemon with mysql-test-run.pl
cd mysql-test ; perl mysql-test-run.pl
Please report any problems with the /usr/local/bin/mysqlbug script!
The latest information about MySQL is available on the web at
http://www.mysql.com
Support MySQL by buying support/licenses at http://shop.mysql.com

confはインストールされてるので利用。my.cnfでlocateしても見つからないので注意。
%sudo cp /usr/local/share/mysql/my-medium.cnf /usr/local/mysql/my.cnf
書き換えた内容。srever-idだけは必ず書き換えるように。
max_allowed_packet = 100M
server-id = 78
master-host = master.l2tp.org
master-user = repl
master-password = repl
master-port = 3306
起動してみる。
%sudo /usr/local/etc/rc.d/mysql-server start
レプリケーションの状態チェック
%mysql -u root
>show slave status\G
以上で終わり

hotmailをoutlookとかoutlook expressとかから利用する

過去に有料会員だったら、とか、早い段階にOutlookで利用を始めていたら、とか、さまざまな条件で手元のメーラで利用できてたんだけど、まだ迷走中っぽい。使えればなんでもいいんだけどね。
おかげさまで6-7年ぐらいOutlookで利用できてる。
有料会員になろうか迷ってた時期あったけど、なってたら腹たったろうなぁ。
Hotmail の新しい接続方法 (Outlook をお使いの場合) -> http://help.live.com/Help.aspx?mkt=ja-JP&project=MailClassic&querytype=topic&query=WL_Mail_PROC_OutlookDAV.htm
Hotmail の新しい接続方法 (Outlook Express をお使いの場合) -> http://help.live.com/Help.aspx?mkt=ja-JP&project=MailClassic&querytype=topic&query=WL_Mail_PROC_OEDAV.htm
Hotmail の新しい接続方法 (Entourage をお使いの場合) -> http://help.live.com/Help.aspx?mkt=ja-JP&project=MailClassic&querytype=topic&query=WL_Mail_PROC_EntourageDAV.htm
平素よりWindows Live™ Hotmail® をご愛用いただき、ありがとうございます。
このお知らせは、これまでに Windows Live™ Hotmail® をご利用の際に Microsoft® Office Outlook®、Outlook® Express、または Entourage® をご使用されている方にお送りしています。このたび、これらのアプリケーションソフトウェアから Hotmail へのアクセス方法が変更されることになりました。この変更に伴い、お客様によるご対応が必要になります。お手数をおかけいたします。
引き続き Hotmail アカウントをアプリケーションソフトウェアよりご利用いただくためには、2009 年 9 月 1 日までに、以下のいずれかのご対応をお願いいたします。尚、2009年9月1日以降、以下のいずれかの方法にてご対応いただいていない場合は、ご利用の電子メールクライアントに新しく受信した電子メールが配信されません。
Hotmail の送受信に Microsoft® Office Outlook® をご利用の場合 : 無料の Office Outlook Connector をダウンロードすることで、引き続き Outlook 2003 または 2007 から Windows Live™ Hotmail® にアクセス可能です。Outlook 2002 をお使いの場合は、Hotmail にアクセスするための設定をお使いのアプリケーションソフトウェアで変更する必要があります。詳細については、こちらをクリックしてください。
Hotmail の送受信に Outlook® Express をご利用の場合 : 無料の Windows Live メール をダウンロードする (推奨) 、もしくはOutlook® Express から Hotmail にアクセスするための設定をお使いのアプリケーションソフトウェアで変更する必要があります。これらの対応方法の詳細については、こちらをクリックしてください。
Hotmail の送受信に Entourage® をご利用の場合 : Hotmailにアクセスするために、お使いのアプリケーションソフトウェアの設定を確認してください。詳細については、こちらをクリックしてください。
変更の理由Outlook、Outlook® Express、および Entourage® では、古い通信方法 (DAV プロトコル) を使用して Hotmail にアクセスしています。 DAV プロトコルは、Hotmail のようにサイズの大きい受信トレイにアクセスするプログラムに最適なプロトコルではありません。Hotmail では、保存領域の容量も増加する一方であり*、DAV プロトコルに変わる新しいプロトコルを開発していました。またお客様から大変貴重なご意見をいただきまして、昨年予定しておりましたDAVプロトコルの使用を停止する計画を延期しておりましたが、このたび他のプロトコルでの対応方法(POP3プロトコルも含む)をご用意できたことで、正式にDAVプロトコルの使用を停止することになりました。
いつもWindows Live™ Hotmail® をご利用いただき、ありがとうございます。
今後とも Hotmail をよろしくお願いいたします。
Windows Live™ Hotmail® チーム
*現在、Hotmailの受信トレイ容量は、5GBから開始し、お客様の必要に応じて増量いたします。
マイクロソフトはユーザーのプライバシーを尊重します。詳細については、「プライバシーに関する声明」をご参照ください。
Microsoft Corporation
One Microsoft Way
Redmond, WA 98052
送信日時: 2009年7月18日 16:13:04