カテゴリー別アーカイブ: OS X Lion

Mac OS X 10.7.5でOpenLDAPを使って認証させたかった

0. 始めに

Mac OS X 10.7.5でOpenLDAPを使って認証させたかった。
うちのLANはUNIX系システムの認証にLDAPを利用している。全部で20〜30ホストぐらいあるのだけれど認証を一元化できるので非常に便利で助かっている。

ところでMacBookをもっているのだけれど、この認証もLDAPに参加できないかと思ってみた。画面共有だとかローカルユーザだとか、UIDを一致させたかった。ノートパソコンなので持ち出すことがある。なのでLDAPのスレーブにしてしまって親元サーバから認証情報をもらい、ローカルホストで認証を掛けようと思ってみた。
そこでまずはMac OS XなホストをLDAPクライアントにしてみた。これが意外にも大変だった。

続きを読む Mac OS X 10.7.5でOpenLDAPを使って認証させたかった

subversion1.6から1.7に移行する手順

subversionのサーバをFreeBSDに変更したら、portsのsubversionがデフォルトで1.7になってたので、Linux,Macを含めて移行した。

dumpで1.6の旧サーバからバックアップ
旧サーバはUbuntu server 11.04

svnadmin dump /var/svn/レポジトリ名 | gzip > ./レポジトリ名.gz

新サーバのFreeBSDではデフォルトオプションでportsからsubversionをインストール。
svnユーザ,グループを作っておいて、svnルート以下の所有者をsvnにしておく

% sudo -u svn svnadmin create /var/svn/レポジトリ名
% gzip -dc レポジトリ名.gz | sudo -u svn svnadmin load /var/svn/レポジトリ名

んで、クライアント
Ubuntuだとパッケージにはまだ1.6しか無いので、ソースからコンパイル
http://ftp.riken.jp/net/apache/subversion/辺りからソースを落としてきて

% ./configure --enable-shared --without-berkeley-db
% make
% sudo make install

でrehashなりしたら1.7.1が使えるようになった

次にMac OS Lion
macportsにも1.7系はまだ無いので、Ubuntuと同じようにコンパイルした。

使えるようになったところで、1.6で管理されてたディレクトリで

% svn st
svn: E155036: Please see the 'svn upgrade' command
svn: E155036: Working copy '/var/www/storage' is too old (format 10, created by Subversion 1.6)

とかしてみると、起こられる。言われるままに

% svn upgrade

を実行したら終わり