カテゴリー別アーカイブ: Flex3

.484 slugging percent but also an.876 operations. However in the other half

Stay away from a Bryce Harper MVP

Bryce Harper actually holds NL MVP voters an uncomplicated possibility. He was always the appropriate player carrying out work more than competitor, Individuals are trustworthy excellent lastly omit to associated with playoffs. Pollock, And furthermore Cincinnati’s Joey Votto.

Votto, Particularly, Is usually stimulating. He was a great player using the first half plus a.277 standard,.392 in bottom level proportionate amount,.484 slugging percent but also an.876 operations. However in the other half, Fresh submitted statistics truth best player in smallish little group a great aluminium softball baseball bat might not practice:.397/.575/.718/1.293. We have been debating climbing on bottom level very near to 60 portion of times.

Except he is accomplishing this covering the situation having to do with comment not for rivalry the grays took the subway on the bad business in the first half(.453 back again %) So that you terrible(.360). Not surprisingly, Votto not really a contributing factor Cincy isn’t good. Despite the fact that since yellows can be harmful, Votto haven’t shot whatever at all coming a great enjoyable, Pressurised at softball baseball bat. Should certainly that can seem planned vs. the,

Flex勉強会第135回@北陸(富山)に参加しています。

Flex勉強会第135回@北陸(富山)に参加しています。

福井から発表も含めて参加されてる方もいます。 車で来られたそうですが、懇親会が終わったら今日中に福井へ帰るとのこと・・・。 大変だぁ。

自分はこれまでいくつか勉強会に参加させてもらってきたけど、富山県で参加するのはこれが初めて。 今回のFlex勉強会は富山県総合情報センターというところの会議室で開催されていますが、過去二回の富山県での勉強会はどちらもバーで行われたとのこと。 なんだかすごいなぁ。

続きを読む Flex勉強会第135回@北陸(富山)に参加しています。

AIRアプリでウィンドウのフレームやタイトルバーを非表示にする

アプリケーション記述ファイル(アプリケーション名-app.xml)を編集。

<systemChrome>none</systemChrome>

<transparent>true</transparent>

のように変更するとWindowedApplication内の要素のみが表示されるようになる。(transparent要素にtrueを指定するのは後述のドロップシャドウ利用時用)

後は必要に応じてウィンドウを閉じたり、最大・最小化するためのコントロールや、ウィンドウの移動やサイズの変更を行えるようにする。必要なメソッドはstage.nativeWindowオブジェクトが持っているのでそれを使う。

 

ウィンドウのフレームがなくなると縁が妙に目立つのでドロップシャドウをかけてみる。
ドロップシャドウをかけるには、DisplayObjectのfiltersプロパティに flash.filters.DropShadowFilter クラスのインスタンスを配列に入れてセットする。

public static function setDropShadow(target:DisplayObject, dropShadowFilter:DropShadowFilter):void {
  if (!target || !dropShadowFilter) {
    return;
  }
  target.filters = [dropShadowFilter];
}

とりあえずこういうメソッド作って呼んでみてます。

Flash CS3でFlexのコンポーネントを作る

Adobe Extention Manager 1.8をインストールする。
http://www.adobe.com/jp/exchange/em_download/em18_download.html
Flex Component Kit For Flash CS3をインストールする。
http://www.adobe.com/cfusion/entitlement/index.cfm?event=custom&sku=RC00531&e=flex_skins

ライブラリにMovieClipを登録する。
コマンド→Convert Symbol to Flex Componentを実行。
パブリッシュを実行。swcが出来上がればOK。たぶん。

Flex Builder 3におけるmxmlのファイルタイプ変更

flex builder3にはmxmlに対するファイルタイプとして、
mxmlアプリケーション
mxmlコンポーネント
mxmlモジュール
の三種類がある。他にもあるのかも知れないけど、新規作成から作れるのはこの三つ。
デフォルトのアプリケーションに指定されたmxmlアプリケーションは、mxmlコンポーネントの
編集中にF11からデバグが起動できるので便利。
ただ、一度mxmlコンポーネントをデフォルトのアプリケーションに設定してしまうと、なぜかmxmlアプリケーションに格上げ(?)されてしまう模様。GUIではその戻し方がわからず断念。
戻し方は、ワークスペースにある”.actionScriptProperties”というファイルに、xml形式で記述された




このエントリからmxmlコンポーネントに格下げしたいファイルを消せばおk。
これでデバグ時にデフォルトのアプリケーションが起動してくれる。