タグ別アーカイブ: mkfs

RAIDで作成したmdをフォーマットしてマウントするまで

こんにちは。

先日ubuntuでraidを構築したんですが、まだマウントもしていなかったのでマウントしてみます。

まずいきなり問題が発生です。
前回raidを作成するときにmd0というデバイス名で作っていたんですが、その後の何度かの再起動で番号が変わってしまったようです。

shell> ls /dev/md*
/dev/md127

/dev/md:
bush:0

よくはわからないですがmd127というデバイスがあります。これがどうやら先日つくったraidのようです。念のためmdadmコマンドで確認しておきます。

sudo mdadm -D /dev/md127
/dev/md127:
        Version : 1.2
  Creation Time : Fri Sep 26 09:19:13 2014
     Raid Level : raid5
     Array Size : 14650675200 (13971.97 GiB 15002.29 GB)
  Used Dev Size : 2930135040 (2794.39 GiB 3000.46 GB)
   Raid Devices : 6
  Total Devices : 6
    Persistence : Superblock is persistent

    Update Time : Fri Oct  3 15:14:31 2014
          State : clean
 Active Devices : 6
Working Devices : 6
 Failed Devices : 0
  Spare Devices : 0

         Layout : left-symmetric
     Chunk Size : 512K

           Name : bush:0  (local to host bush)
           UUID : c3db0680:1c5c7986:c90a298a:96a9efb0
         Events : 99

    Number   Major   Minor   RaidDevice State
       0       8        0        0      active sync   /dev/sda
       1       8       16        1      active sync   /dev/sdb
       2       8       32        2      active sync   /dev/sdc
       3       8       48        3      active sync   /dev/sdd
       4       8       64        4      active sync   /dev/sde
       6       8       80        5      active sync   /dev/sdf

ちなみに-Dは–detailと同じ意味らしいです。
ちゃんと/dev/sd{a,b,c,d,e,f}で構成されているraidのようですね。
なぜ番号が変わったかは…わかりません!なぜなのでしょうか。

と思ったら参考にしたサイトに「md*の番号は変わる」との記載がありました。なるほど!為になります。

さてこのmdをXFSでフォーマットしてマウントしていきます。
とはいってもmkfsでファイルテーブル(?)を書き込んでやるだけです。

shell> mkfs.xfs -f /dev/md127
meta-data=/dev/md127             isize=256    agcount=32, agsize=114458496 blks
         =                       sectsz=4096  attr=2, projid32bit=0
data     =                       bsize=4096   blocks=3662668800, imaxpct=5
         =                       sunit=128    swidth=640 blks
naming   =version 2              bsize=4096   ascii-ci=0
log      =internal log           bsize=4096   blocks=521728, version=2
         =                       sectsz=4096  sunit=1 blks, lazy-count=1
realtime =none                   extsz=4096   blocks=0, rtextents=0

これで完了です。
試しにマウントしてみます。

shell> sudo mkdir -p /mnt/hoge
shell> sudo mount -t xfs /dev/md127 /mnt/hoge

バッチリですね!

最後に自動マウントをさせてみたいと思います。どうやらmd*の番号の部分が変わってしまうらしくUUIDでマウントさせるといいらしいです。

UUIDの確認はtune2fsというコマンドでできるらしいのですが、このコマンドはファイルシステムがext2/3/4じゃないとだめらしいです。
今回のファイルシステムはxfsを使っていたので他の手段になります。

ググってみるとblkidというコマンドでできるようです。これで出力されるUUIDをマウントさせます。

shell> sudo umount /mnt/hoge
shell> blkid /dev/md127
/dev/md127: UUID="f8a0fa74-9e9d-48b2-a497-e593a6444572" TYPE="xfs"
shell> sudo vi /etc/fstab
...省略...
UUID=f8a0fa74-9e9d-48b2-a497-e593a6444572  /mnt/hoge      xfs     noatime 0           0
shell> sudo mount -a
shell> mount -v
...省略...
/dev/md127 on /mnt/hoge type xfs (rw,noatime)

バッチリですね!

今回参考にしたサイトです。
[Linux] 外付けUSBハードディスクをまるごとxfsでフォーマットする方法 – SumiTomohikoの日記

mdadmを使ったRAIDの構築 – 前人未踏の領域へ

raid – Ubuntu Server 12.04, MDADM device number suddenly changes? – Ask Ubuntu