タグ別アーカイブ: UNIX

UNIX/Linux環境でFTPを再帰的に拾ってくる方法

こんにちは、岡田洋一です。

UNIX/Linux環境でFTPのディレクトリをまるごと取りたかったんです。が、ftpコマンドだとディレクトリを取ろうとしてもダメなんですね。

get somedirectoryってやるとNot a regular fileって怒られます。


shell> ftp ftp.example.com
Connected to ftp.example.com.
220 ::ffff:192.0.2.1 FTP server ready
Name (ftp.example.com:user): user
331 Password required for user
Password:
230 User user logged in
Remote system type is UNIX.
Using binary mode to transfer files.
ftp> get tmp
local: tmp remote: tmp
550 tmp: Not a regular file

ディレクトリを再帰的に取りたい、っていう場合にはwgetを使うと良いようです。


shell> wget -r ftp://user:[email protected]//path_to_get/

多くの環境でインストールされているwgetで、ワンライナーで取得できるのはいいですね。

参考:  How do you recursively ftp a folder in linux

NIS, LDAPを用いた複数の環境でログインシェルを変更する

NIS, LDAPを用いた複数の環境でログインシェルを変更したかった。

現在自分の環境ではLDAPを利用している。ログイン情報をLDAPサーバに集約できるので非常に便利。LDAPではログイン時にユーザ名、パスワード(ハッシュ)などの情報を各ホストに提供するのだけれど、その中にはログインシェルも含まれる。

ログインシェルといえばUNIX系でよく使われるcsh, tcsh、Linux系でよく使われるbash、また高機能シェルとして名高いksh, zshなどがある。自分はzshをメインのシェルとしているのだけれど、LDAPのログインシェルの情報をzshに変更するだけでは問題がある。

まず一つ目はフルパス表記での問題だ。
ログインシェルは通常フルパスで表記される。これはシェルの初回立ち上げ時に~/.cshrc, ~/zshrcといった環境ファイルを読み込ませ、その段階でパスがセットされるからだ。つまりログインシェルの情報を取得して起動させる段階ではパスが通っていないことが想定される。そしてこのフルパス表記がOS毎に違ってくる可能性がある、ということが問題の核だ。
このシェルの実体、バイナリの実体が配置される場所は大まかに以下のようになる。Linux系ではrpm, yum, aptなどのパッケージ管理ツールでインストールした場合の/usr/bin/、デフォルトで配置される/bin/、ソースからインストールされた/usr/local/binである。
対してFreeBSDの場合、tcshやcsh, shなどの元々インストールされているバイナリは/bin/sh, /bin/tcshなどに配置されるが、後から手動でインストールされたバイナリは/usr/local/binに配置される。zshやbash(FreeBSDではbashがデフォルトで入ってこない)は/usr/local/binに置かれている訳だ。
この問題に関して言えば、インストール時にバイナリの配置場所を/usr/bin, /bin, /usr/local/binのいずれかに統一してしまう、若しくはシンボリックリンクを統一された場所に配置する、という解決方法が考えられる。でもこれらの作業をそれぞれのホストでいちいち実行するのは億劫だ。

二つ目の問題はデフォルトでインストールされるシェルが少ないことだ。自分の環境では主にFreeBSD、またDebian系(Ubuntu)、RHEL系(CentOS)、さらにはMac OS Xと数種類のOSを利用している。その中でデフォルトでインストールされるシェル、となると実は結構少ない。FreeBSDではcsh若しくはtcshをデフォルトシェルにする事が多い。対してLinuxではbashがデフォルトシェルとなることがおおい。そして残念な事にはFreeBSD/Linuxに於いては(t)csh/bashがお互いにデフォルトでインストールされていない。
ということはbashならbashをLDAPのデフォルトシェルにしてしまって、bashの環境ファイルである.bashrcなどでzshを呼び出す、という事ができない。

以上の点を踏まえながら試行錯誤していった結果、「UNIX/Linuxの両方に入っているシェルを使ってログイン時にzshにしてしまう」という方法にたどり着いた。ちなみにそのUNIX/Linuxの各種OSの最大公約数と言うべきシェルはsh。
shとはThompson shellを意味し、bashの前身となったシェルだ。過去にはバックスペースすら無かった気もするけれど、カーソルキーで入力位置を変更できない、コマンド履歴が使えないというシェルの基本的な機能のみしか持っていない素朴なシェルだ。
(とは言え、過去のbashも同様でデフォルトではコマンド履歴なども使えなかった気がしてbashとshのデフォルト状態での違いがあまり無いような状態だったんだけれど、最近のbashは使いやすいシェルっぽくなってる)
さてLDAPではこのshをデフォルトシェルにし、shが立ち上がった後にzshを呼び出すようにしてみる。

shでログインされた際に呼ばれる環境ファイルは “.profile”ファイルである。”.login”かと思ったんだけれどこれはshだと実行されないしcsh系だった気がする。つまりsh系ではダメということ。
この.profileファイルには直接shに実行して欲しいことを記述する。以下に例を示す。

[ -x /usr/local/bin/zsh ] && exec /usr/local/bin/zsh
[ -x /bin/zsh ] && exec /bin/zsh

shらしい記述で条件式を書き、それぞれのバイナリが存在し実行可能であればexecしてやる。execでシェルを呼び出せばログインシェルが切り替わった動作になるのでCtrl+Dなどでシェルを抜けたときにzshを支えているshも一緒にexitしてくれる。つまりログインシェルがzshになったようにみえてshを意識することが無い。

以上で思っていたようなzshなどのパスが違う環境でログインシェルを統一する、ということが可能になった。

めでたしめでたし。

lzmaという形式を解凍したいon FreeBSD7

lzmaというファイルの解凍をさせたかった。よくわかんないからgtarを入れた

追記:
ちなみに、xzはどうやらlzmaという圧縮形式の後継らしく、
だからインストールパッケージも、
lzmautilsという名前が付いています。

lzmautils-develをインストールすると、
このlzma形式の圧縮、解凍もできます。

上と同様に、

lzmadec ***.tar.lzma > ***.tar
tar xvf ***.tar

などとするとよいでしょう。

http://sanmaya100p.blog111.fc2.com/blog-entry-348.html