スキンを適用したカスタムボタンの作成

手順:

  1. Buttonクラスを継承してカスタムボタンクラスを作成
  2. カスタムボタンクラスに適用したいMXMLスキンを作成
  3. 出来上がったカスタムボタンクラスを使う

参考:Flex4でアイコン付きのカスタムボタンを作る » RIAxDNP

 

Flex4になってステートが使いやすくなったんですね。3のときはStateタグ内にあれこれ書くのでごちゃごちゃしていたのですが、4ではStateタグで挟まずに、ステートによって変化させたい要素のincludeIn 属性やexcludeFrom 属性にステート名を並べるだけで上手くやってくれるようです。便利ですね。

参考:Flex 4 マスターシリーズ #03 Flex 4 ステート | デベロッパーセンター

コメントを残す