Flex勉強会第135回@北陸(富山)に参加しています。

Flex勉強会第135回@北陸(富山)に参加しています。

福井から発表も含めて参加されてる方もいます。 車で来られたそうですが、懇親会が終わったら今日中に福井へ帰るとのこと・・・。 大変だぁ。

自分はこれまでいくつか勉強会に参加させてもらってきたけど、富山県で参加するのはこれが初めて。 今回のFlex勉強会は富山県総合情報センターというところの会議室で開催されていますが、過去二回の富山県での勉強会はどちらもバーで行われたとのこと。 なんだかすごいなぁ。


wackyさんによる AMF3の真実 -> スライドがどこかにあとでupされるかも。

  • AMFとは -> Action Message Fromat
  • jsonとかxmlみたいなメッセージ交換用のフォーマット
  • amf0とamf3があるよ!バイナリ
  • jsonはasで(公式に)サポートされてないので微妙、でもamfはサポートされてるからflexと相性イイよね
  • -> javaでは、java+jsonは結構相性いいけど、java+amfは相性よくない
  • リスト的なもので、オブジェクトの参照渡しができるのがいいよね、親 <- ->子のお互いに参照させたりするときはいいよね!
  • データをencodeすると50%-60%ぐらいに圧縮されるよ。
  • flash player10になってデータ形式が最近五つ増えたよ。
  • -> flvの形式だとどうなのかなー
  • BlazeDSは正直微妙・・・

What is AMF48 (えー えむ えふ ふぉーてぃーえいと!)

  • オリジナルのamfライブラリつくっちゃいました on java。blazeより早いよ
  • 名前が重要!
  • 変更に対する要望はかなり受け付けてるよ!
  • サーバとエンコードしたデータのやりとりに関するデモ

@itsuki_kosen さんによる AIR for Android

Fxug

View more presentations from itsukichang
  • AIRはAndroidで動きます! (AIR 2.0ぐらいから)
  • iOSでも今は動くよ! 2.6!  (いったんappleからダメっていわれたけど、やっぱりいけることになりました)
  • iOSは4.0以上、Androidは2.2以上で動くよ!
  • 最近はモバイル向けのアップデートが主。 ロジックはデスクトップ版と同じようにできるけどUIはモバイル向けのことになるよね。
  • gestureeventがあるけど、マルチタッチを制御はできないよ。
  • Adobe Flash CSでも作れるよ!
  • ->でも今は公開されてないよ。
  • まだベータ版なので(itsuki_kosenさんの)個人的には、まだしっかりと開発するには正式リリースを待った方がいい。

@shoito さんによる AIRとHTML5/CSS3と…

  • AIR 2.6ではSafari 4.0.3のWebKitベース (2009年のリリースだったりして古い)
  • HTML5はタグが増えましたよね
  • -> semantic web的な色合いが濃くなりました
  • javascriptのAPIがある。
  • data URL schemeがサポートされてる (AIR 2.6からサポートされたかな)
  • -> base64encodeして画像とかフォントとかをHTMLに埋め込める。 へえええええ
  • HTML 5 Rocks
  • -> jsでそのままプレゼン資料が作れる、ブラウザで動くプレゼンシート、その中もjsかけるから便利だよ!
  • 上のやつをAIRい移植してみたよ!
  • -> web strageとかAIRにないやつは動かないっす・・・。
  • webSocket(HTMLでsocket通信ぽいこと)はAIRにないけど、AIRはそもそもsocket通信できるよ。
  • mac bookの加速度センサーを使って、クロームのロゴが動くデモ
  • かなりいろいろたくさんのデモをAIRに移植して動くか動かないかの検証などなど

@hikaruworld さんによる FlexUnit4とmockito – parsleyを添えて –

  • 開発の50%はテストだよね
  • いかにテストを楽にするか <- これに尽きる
  • Stubをつかうか、モックを使うか
  • Mockito モッキングフレームワーク
  • -> JavaのMockitoというのがあって、Flex版に移植されてる。ASMockで実装されてる。
  • Mockitoで利用可能なテスティングフレームワークは、FlexUnit4, FlexUnit1, AsUnit4, fluint。
  • FlashBuilder4の場合、付属のFlexUnit4が古いのでtrunkとかを追いかけるが吉。
  • ドキュメントとかに書いてないことが多いので、実際にコードを追いかけたりテストコードを見ることが必要。

コメントを残す