ntpqの説明

<ntpq出力内容の説明>
ROOT# ntpq -p 133.100.9.2
remote refid st t when poll reach delay offset disp
==============================================================================
*GPS_NMEA(1) .GPS. 0 l 184 16 377 0.00 0.002 0.03
+clock.tl.fukuok .GPS. 1 u 218 64 376 3.11 -0.070 0.53
+helio.tl.fukuok .GPS. 1 u 229 64 377 3.60 0.068 0.08
geo.gen.u-ryuky clock.nc.fukuok 2 u 736 1024 376 52.40 7.090 19.15
-ns.hiroshima-u. .GPS. 1 u 213 64 376 17.23 -0.724 2.14
-onikobe.gw.toho .GPS. 1 u 199 512 377 57.82 -1.658 5.16
-izumi.gw.tohoku .GPS. 1 u 359 128 264 60.33 -2.292 3.01
LOCAL(0) LOCAL(0) 3 l 196 64 377 0.00 0.000 10.01
xtime.nist.gov .ACTS. 1 u 336 256 377 189.33 -9.976 2.76
【1カラム目】
 ’ ‘(reject) 距離が遠くて捨てられたサーバー
 ’x'(falsetick) falseticker検査で捨てられたサーバー
 ’.'(excess) 参照サーバーが多くて捨てられたサーバー
 ’-‘(outlyer) クラスタリング検査で捨てられたサーバー
 ’+'(candidat) 接続テストに合格し、いつでも参照可能なサーバー
 ’#'(selected) 同期距離が遠いが参照可能なサーバー
 ’*'(sys.peer) 同期中であると宣言されたサーバー
 ’o'(pps.peer) 同期中であると宣言されたサーバー(同期はPPS信号から間接的に行なう。)
【2カラム目以降のラベルの意味】
 remote リモート・サーバーのホスト名
 refid 参照ID(不明の場合は、0.0.0.0)
 st stratum番号、サーバーが第何階層かを表します。
 t 階層タイプ(l:local,u:unicast,m:multicast,b:broadcast)
 when 最後のパケットを受け取ってからの時間(単位:秒)
 poll ポーリング間隔(単位:秒)
 reach 到達可能なレジスタを(8進数表現)
 delay ポーリングインターバルの遅延見積もり(単位:ミリ秒)
 offset 階層のオフセット(単位:ミリ秒)
 disp 階層の分散(単位:ミリ秒)
http://www.oiden.net/Flets/bangai02/ntpq_output

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL