複数人開発の時にデータベースの同期をうまく取る方法

最近「意外に若かったんだね」と言われるようになりました、その言葉の指すところについては考えないようにしています岡田洋一ですコンニチハ。

さて、僕はしばらくチームで開発を行っています。大人数というわけでも無く、2〜3人での小規模プロジェクトチームです。少人数制のチームではありがちで、僕以外のメンバーもプログラム〜インフラ周りも修正することが多く、データベースのテーブル構造を修正することが各自にありえます。

さてそんなときにデータベースの同期を取る方法について考えてみました。

現状はテーブルのCREATE分を出力させ、プロジェクトのwikiに書き込んでいます。

wikiは変更情報を保存しますので、ある程度のバージョン管理ができました。が、いかんせん「出力、編集、保存、確認、伝達、適用」と、修正内容をチーム内で共有するためのステップが多いのです。少人数チームでステップが多いのは良くないですね。素早さこそがウリですから。

次に「テーブルの差分になるALTERのみを書く」ということについて勘案しました。が、こちらも開発を兼ねているため、テーブルの変更となるALTER分はそこそこの数が出てしまい、すべてのALTERを記録して適用することは面倒となりました。素早さがなくなってしまいます。

 

というわけで、現在のテーブル情報を書き出しつつバージョン管理システムで共有、という手段にしました。

現在プロジェクトはSVNで管理されていたので、テーブル情報のみをファイルに書き出してコミット、それを手元へ適用という手段をとりました。ちなみにデータベースはMySQLです。

テーブル情報のみを書き出す為に必要なコードは

shell> mysqldump -h mysqlhost -u user -ppassword --no-data target_schema | sed 's/ AUTO_INCREMENT=[0-9]*//' > tables.sql

shell> svn commit tables.sql -m 'update table sql.'

となりました。mysqlのホスト名、ユーザ名、パスワード、対象スキーマは読み替えて下さい。パスワードはナシにするとプロンプトで聞いてきます。

パイプでsedに渡してAUTO_INCREMENTを消しています。

最後にこの出力をファイルに書き出して、コミットして共有します。

 

これだと差分をうまく見ることができるので便利ですね!

コメントを残す