Gnu ScreenでEmacsを使っているときにctrl周りのキー入力がおかしくなる件

キャプチャGnu Screenの上にEmacsを立てているときにキーバインドがうまく効かなくなる現象がはっせいすることがある。
実際にはEmacsだけでは無くてシェルのCtrlを利用したバインディングもおかしくなってしまう。

Emacsの場合であれば検索ができない(C-s)、保存ができない(C-x-s)、置換で改行(C-q C-j)が入力できないなどなど、コントロールキーと何かのキーを押したときに正常に動作しない。
flowってのが悪さしてる。これなにするもんなんだろう。
以下引用。偶然にも同じくC-tをscreen制御に割り当ててる。
Screen上でEmacsを使用していると、C-sが無視されるようになることが時々あった。こうなるとEmacsを終了してもC-sがきかなくなる。 Screenをデタッチしたり、他のScreenに移動すれば直る。 Screenを終了しても直る。
再現性が低く原因がなかなかわからなかったのだが、どうやら”C-t f”を押していたようである。デフォルトでは”-flow(auto)”であるのが、”C-t f”によって、 “+flow”となり”C-s”が無視される。もう一度”C-t f”とすると”-flow”となり、更にもう一度”C-t f”とすると”-flow(auto)”となる。 “-flow”となっている時は、”C-s”がそのままできく。 “+flow”で”C-s”がきかない時は、”C-t s”とすることで”C-s”をプログラムに渡すことができる。
http://kyoto.cool.ne.jp/kinoka/pc/screen.html

コメントを残す