手動でディスクラベルを作成する方法

スライスはfdiskで作成するっぽいけど分からなかったのでsysinstallに任せた。
ディスクラベルもsysinstallで作成したかったけどswapが作成できなかったりと色々あれだったので手動で作成してみた。
標準的なラベルの書き込み(フォーマットみたいなもの?)
bsdlabel -w /dev/ad6
ディスクラベルの編集
bsdlabel -e /dev/ad6
viが起動するのでスペースとタブで適当にインデントしてやれば動くっぽい。
パーティションの識別子(aとかbとか)は慣例にならって適当に。
cってのは慣例的にパーティション全体を表すモノらしい。don’t edit.
ファイルサイズはGBとかの単位が使えて、オフセットは*を指定すればうまいこと計算してくれる。
ファイルサイズに*を指定すれば最大サイズを割り当ててくれるっぽい。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL